07
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネモの一日

ネモ君の朝は、それなりに早い。


我が家は通常8時15分起床。


…なのだが往々にしてネモキックで起こされる。

(説明しよう!ネモキックとは!!! 布団の下で動く足が気になるネモは、両手でバシッと捕獲に来る。時には掛け布団を超えて爪による傷が残る。お泊まり客でも容赦はない。)

しかし叫び声をあげしかりつけながらも決して起き上がらない私たち。


目覚ましと同時に私はごそごそ起きだしてカフェを入れにキッチンへ向かう。

すると、どこからともなくしれっと付いてくる。


まずカフェマシーンをセット。


そしてご飯前だけ体を擦り付けてくるねもくんのご飯準備。


時にはご飯前にバルコンに出たがることも。

外の空気をひとかぎ、朝食タイム。

朝から、肉。



起きてきたパパになでなでをねだり、「みゃーーー」。


その後、家中を徘徊。見回りチェックである。

途中で見つけたハエなどの虫を狩り(いや、狩ろうとし)、朝の運動。

一通り済んだ頃、パパ出勤。

さて、パパもいなくなったし、、、朝の昼寝。

これはベッドか、洗濯機の上。洗濯機には衣類(おもにパパの)が放置されていることが望ましいらしい。

11時45分まで、掃除機が登場してこなければ、安眠タイム。

掃除機が出ると一目散にものすごいスピードで逃げ隠れる。

最近はベッドの下にもぐり、マットレスの下のマットレスに穴をあけそこから侵入、ハンモック状態で掃除機終了を待つ。

12時にパパの仕事が休憩に入るのを知っているらしいネモ、「みゃーみゃーみゃー!!!」と鳴き始める。

時には般若のような顔をして私を食い入るように見る。

も、もうじきだから待ってくれ…

パパ帰宅。

昼食には誰より早くテーブルに着き、必ず何かおこぼれをもらう。

固形の肉の場合(ソーセージとか、ハンバーグとか)、それでサッカーをして母に怒られる。でも主に怒られるのはえさを与えたパパ。



その後3人(注:2人と1匹)で25分間昼寝。

このときはお布団の中に入るのが最近のお気に入り。

しかしパパが起きねばならぬ時間に、ネモはちょうど落ち着くので、ごそごそ起きだすパパにちょっと不満なネモ。



パパが午後の出勤に出たら、ここからは午後のお昼寝タイム。

ベッドの上、足元部分に丸くなり、本格的な昼寝。

ほおっておいたらパパが帰る19時過ぎまで寝続ける。

(パパいないんなら寝るか…みたいな感じでしょうな…母は悲しいよ。)



ドアが開く音とともにベッドから転がるようにして玄関へ急ぐ。

(ちなみに私が買い物から帰ってきても彼は寝続けております…)

さみしかったよ、かまってかまってと「みゃー」の応酬。

二人(注:パパとネモ)は愛を確かめ合い、ともにバルコンに行き男同士の会話。(おそらく)



夕食までの間、ソファーの手を置くところで亀になってみたり、ハエを追ったり。

20時半にはこらえ切れなくなりえさの催促。(ちなみに都合で朝ごはんが1時間早いと夕食も1時間早く鳴き始める。腹時計なり。)

自分のご飯とわれらのご飯を両方味わって満足すると、ソファーの手すりで夜の昼寝。これは主に亀のポーズで。



日中これだけ寝ているので、もちろんわれらが寝る頃にはばっちり元気、ねむくなーーーい。

でもどうしても遊びたいとき以外はベッドに一応やってきて、おやすみなさいは言う。

そしてどこへともなく闇の中消えていく…


そして夜中、ふと気付くと足元に毛玉…ふふふ。



そして朝までぐっすり・・・ええ、ネモキックが始まるまではね・・・・・・・・・。
スポンサーサイト

秒読み

あと1週間に迫ってまいりましたっ。




日本一時帰国!!!!!!




前回2008年3月に日本へ行ったのは、試験などがあったためで、かなりの強行日程でした。


ほとんど東京に滞在し、実家である岡山にいたのはほんの数時間。。。


なので、気分的にはほぼ2年ぶりの帰国です。


会いたい人やしたい事がいっぱい!!!


そして食べたいものも!!!


倉敷は海が近い町なので、お魚もおいしい!!



この夏は生魚祭りです!!!!!!





ただ………


……うちの家族をフランスにおいての帰国なのだけが気がかりです……。


生活能力の低い(つまり家事が苦手)な彼と、食う、寝る、遊ぶのみのネモ…


我が家が廃墟に………!!!


ではなく。。。笑


1ヶ月半の滞在ですが、さみしくなったら復路便を変更すればいいだけのこと。


まだ1週間もあるのにそわそわ荷づくりが始まっています。笑


日本の皆様、遊んでくださいね~~~~。

Puy-de-Dôme(ピュイ・ド・ドーム)

先日、オーヴェルニュといえば!!の代名詞ともいえるPuy-de-Dôme(ピュイ・ド・ドーム)に行ってまいりました。


Puy-de-Dôme13


ここはクレルモン市街地から車で30分ほど。



…といってもまだ車のない我が家。。。


夏の間は毎日運行されるナヴェットに乗って、です!

Puy-de-Dôme1


なんとこのナヴェット、5ユーロちょっと。学生さんだと半額です。

しかもこの日に使える2枚の通常バスチケットも付いているのでお得ですよ~~。


ひたすら上ること30分弱。

Puy-de-Dôme2


到着!!!

Puy-de-Dôme11


少しだけ歩いて登り、下界を見下ろすと!!!!!

Puy-de-Dôme3



どうでしょう!!!!

Puy-de-Dôme5


この絶景!!!!!

Puy-de-Dôme4


見渡す限り、360度の大自然!!!!

Puy-de-Dôme7


パリに住んでいたころ「公園には緑があっていいな」なんて言っていたのがとっても小さく感じます…
(大都会パリではもちろん貴重な緑に違いはないのですが。。。)

Puy-de-Dôme8


もう言葉がありません。

Puy-de-Dôme10


花のあるところには蝶もいる。

Puy-de-Dôme tyo



空気もおいしいし、静かで、とってもいいところでした。

たった30分でここに来れる、それだけでもクレルモンに住んでよかったといえます。


カフェやレストランもあるので、疲れたら一休み。

別の日にですが、ここで牛のような犬!!を発見しました。

でもとってもおとなしいんですよ。


帰りもやっぱりナヴェットで。

Puy-de-Dôme15



この日は3時間くらいの滞在だったにもかかわらず、真っ黒に日焼けしてしまいました!!

日焼けは素敵なヴァカンスの証、という日本の対極にいるフランス。

日焼け止めを塗るなんて習慣がなくなっていた私は、なんの防備もせず出かけてしまったのです、標高1440メートルに…。

Puy-de-Dôme14



1週間後には小学生時以来の皮むけ。。。涙


みなさん!ピュイ・ド・ドームにお越しの際は日焼け止めは必須です!!!

(そして余談ですが…フリースのジャケットも…。つい一昨日友人とここを再び訪れましたが…あり得ない寒さ!!!!下界は20度以上あるのに、きっと頂上は10度前後だったと思われます…。)





とにもかくにも、楽しい週末でございました

Puy-de-Dôme16

一人息子の片思ひ

暑いフランスはオーヴェルニュ、クレルモンフェランからお届けしております。





引っ越したらまめに更新する何って書いておいて…もう7月だなんて!


書きたいお話(というより、お見せしたい写真)も沢山なのですが、今日はうちの一人息子を…。



ここにもよく登場しております、ねもさん。

先月1歳の誕生日を迎えました。

その日のお食事はツナ缶でございました。豪華!!!


そのネモさん、最近気になる子がいるご様子。


でも、彼女はネモさんのことお気に召さないみたいで…

近づくとふいっと逃げちゃうんです。。。

しかもすっごくすばやくて

なかなかつかまえさせてくれないんです…

ええ、捕まえさせてくれないんです……


ハエさん。。。


フランスのこの季節の悩みといえば、ハエ。

通常の家庭にはクーラーなんて存在しませんので、30度を超える気温と戦うには、必然的に窓を開けますよね。

そして、無いといえば網戸もない。

あるにはあるらしいのですが、日本のように動くものはありません。(貼っちゃう感じなのかな、見たことがないのでわかりませんが。。。)

つまり、外の虫が入ってきちゃうんですよね~。

あ、決して我が家が不潔!なわけではないですよ!!

日本で言う2階にあるこの部屋は、街路樹と同じ高さなので、きっとそんな関係もありハエが多いんです~~。


だからもう、我が家のネモちゃん、ハエさん(女性名詞なのでフランス語では『彼女』と呼ばれます)を見つけると大興奮!

静かに見守り、そっと近づき、奇妙な声を出し……

とびかかる!!!!!


まだ一度も狩りは成功してませんけども。。。


父と母のためにも、がんばってハエさん退治に精を出してもらいたいものです。



ではその狩りの模様を…


Allez NEMO!!

[広告] VPS





行け!ネモ!!

[広告] VPS




明日こそ、がんばろうね!!ネモ!!!

C'est qui clairara?

clairara

Author:clairara
Paris郊外に住む女性トロンボーン奏者。
色と香りをこよなく愛しています。
詳しいプロフィールは2008年7月26日の記事【はじめました】をご参照ください。

Envoyez le message

名前:
メール:
件名:
本文:

Pour apaiser・・・


presented by 地球の名言

Pour aimer・・・


presented by 地球の名言

Cliquez svp

Il est quelle heure?

Le Calendrier

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Les nouveaux articles

Les catégories

Les liens

On compte!

Recherchez

Qelle heure est-t-il?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。